人生で初めて神社で「ありがとうございます」だけ言ってみた

みなさんは初詣のとき以外にも神社や仏閣に行きますか?

先日読んだ本に、もっと日常的にあなたの最強の味方の神社仏閣にお参りしようと書いてありました。

大きな神社でなくてよいとのこと。

そのとき大切なのは、「ありがとうございます」と感謝の気持ちをのべることだそうです。

神社のお宮は子宮と考えられています。

神社にお参りするということは自分が生まれてきて、今ここに生きていることを感謝するということなのです。

今までのわたしは神社に行ったときいつもありがとうございます、との思いはちらっとはありました。

でもメインは家族が健康であることはもちろん、「オットが〜しますように」とか「ムスコが〜なりますように」そしてもちろん「わたしがうまくいきますように」って神様にお願いごとばかりしてきました。

あらためて考えてみれば、もしわたしが神様だったら自分では何にもしてないくせにこんなにお願いばっかりしてるひとのお願いはきかないです!

自分でもそのことに対してがんばった形跡があるひとの言うことだったら、少しは願いをきいてあげようかなと思います。

そこで今回は、ランニングのあとに家の近くの神社に心からの「ありがとうございます」だけ言ってお参りしてきました。


パワースポットへは導かれたときに行くこと


今回、本を読んで神社に行ってみようかなという気持ちになってすぐ、テレビの朝の情報番組で神社に行こうという特集をやっていたのです。

それでさっそく行ってみたのですが、調べてみると、神社や仏閣などは訪れる必要があるときに自然に導かれるんですって。

確かにわたしは最近、仕事の人間関係、ムスコへの接し方など悩みまではいかなくとも心が揺れることがありました。

これがわたしが神様に自然に導かれたということなのでしょうね。

そこで今の自分を見つめ直す、今ある幸せに感謝することを気づかせてくれたのだと思います。


やっぱり「ありがとう」という気持ちが大切


自然に導かれるということばで気付いたのですが、最近のわたしは「ありがとう」と感謝する気持ちに関すること、ものを目にします。

それはやっぱり自分にその「ありがとう」という気持ちがかけていたから。

わたしの生き方リストにも「足るを知り、今の幸せに感謝する」と書いているのにすっかり忘れて、不満げにしていることがありました。

しばらくできるだけ毎日、その近所の神社にお参りします。

自分が納得する日まで。

神様に心からの「ありがとうございます」をお伝えするために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする