「ありがとう」と心から言えることにしかお金は使わないことにした

みなさんはお金を払うとき、「ありがとう」って言ってますか。

わたしは今までレジでお金を払うときに、できるだけ最後に「ありがとう」って言うようにしてきました。

でもその「ありがとう」は心から言えることに対して言ってる?って思ったのです。

ときには「高いな~お金がもったいないな~」なんて思いながらイヤイヤ払うときもあったかもしれない。

そんな使い方はお金に対して申し訳ないですよね。

これからはどんなときでもお金を払うときに「ありがとう」と心から言えるお金の使い方をしていきたいです。


お金を使う前に考える


例えばコンビニでスイーツを買うとき、ストレス解消のために買って食べてから「あ〜食べなきゃよかった、太っちゃう」と思うような使い方はしたくない。

スイーツを食べたことにより、「幸せ〜またがんばろう!」と思える使い方をしたい。

それは心から「ありがとう」と言えるお金の使い方ですよね。

そうすればお金も「大切に使ってくれてありがとう」と思ってくれるはずです。

そんなふうに使ったそのお金はまた私のところにもどってきてくれるかもしれません。

イヤイヤ払われたお金がまたそのひとのところに戻ってきたいとは思わないですものね。


お金は気持ちよく循環させよう


こどものため、自分たちのため、お金を貯めなくてはならないことは言うまでもありません。

だからと言って、いつもお金を貯めることばかり考えているようなケチケチ生活はしたくない。

本当にほしいモノ、必要としているモノを手に入れて、ワクワクする毎日をおくる。

行きたいトコロに行って美しいモノを見る。

おいしいモノを食べる。

障がい者施設の商品(先日、たくさんの種類があるクッキーを買った。おいしかった!)を買ったり、あしなが育英会など子供たちのために寄付をする。

災害時は寄付する。

知識や能力向上のためのモノを買ったり、セミナーに参加する。

家族や親せき、友達にプレゼントを買う。

ときには自分たちのため、ひとのため、さらにはお金を受け取るもっと先のひとのことを思い、思いきってお金を循環させる。

みんなが幸せになるために「ありがとう」という感謝の気持ちでお金を循環させれば、きっとお金はさらなるパワーを持って戻ってきてくれるはずです。

お財布の中はレシートや使ってないポイントカードを処分して、お札をそろえておきます。

お財布の中をきれいにすれば、お金もお財布の中で居心地がいいですものね。

そしていつもお金に心からの感謝の気持ちをもち、楽しく循環させる。

そんなお金に対して自分なりの軸をもつ、それがわたしの ”なりたい私” です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする