絶対に事故は起こさない!高速道路で眠くならないためにわたしがやったひとつのこと

先日、帰省と旅行をかねて高速道路を約500キロ走ってきました。

先にムスコと帰省のため、行きはわたしがひとりで運転します。

今回のようなパターンは今までに何回もあり高速道路の運転は特に心配ないのです。

ただ問題はやっぱり眠くなってしまうこと!!

今回、これを絶対に回避するためにやったこと

それは

大好きな曲をガンガンにかけてリズムをとりながら運転すること! 

ときには大きな声で歌ったりして。

そうしたら全く眠くならずにむしろもっと運転したい!と思ったぐらい。

快適な高速道路500キロの走行でした。

次回からもこれなら絶対に眠くならないと思います。

それには車の運転にぴったりの自分がノレる曲がもっと必要ですね。


なぜ高速道路で眠くなるの?


高速道路で眠くなるなんて自分でも自分が信じられないです。

だって高速道路ですよ!

事故が起きたら、命にかかわる大変なことだって百も承知です。

いつもの車の運転で眠くなるなんてことはないので、やっぱり高速道路の走行が私にとっての魔物なのです。

高速道路は信号や止まれもなくて単調です。

特に空いているときはまわりに車がいないので緊張感がなくなります。

緊張感がなくなると脳が活性化しなくなり、眠気に襲われるのです。

そういうときに音楽でリズムをとったり、歌ったりすると脳が活性化されるのです。

歌をうたうことってストレス解消にもなりますよね。

だれもいない車の中で(今回はムスコがいたけれど、ムスコはムスコでイヤホンで自分の好きな音楽を聴いていたからわたしのうたは聞こえてない)おもいっきりうたってストレス解消して、しかも眠くならないなんてなんていいことづくめ!

眠くならないようにするには脳の活性化がポイントです。自分なりの脳の活性化の方法を見つけておくといいですね。

オットは全く眠くならないタイプなのですが、わたしと違ってどちらかというと神経質なほうなのできっといつも運転中に緊張感があるんですね。


さだまさしさんの ”償い” を聴いてみる


あなたは、さだまさしさんの曲 ”償い”  を聴いたことがありますか。

わたしはこの曲を聴いたとき、涙が止まらなかったです。

優しい気持ちを持って真面目に生きているひとが、疲労による一瞬の不注意で幸せに暮らしている家庭を壊してしまう。

交通事故ってほんの一瞬の気のゆるみや不注意で被害者や被害者の家族やまわりのひとたちはもちろん、今を一生懸命生きているひとであっても加害者として自分もまわりも悲しみのどん底に突き落としてしまうのです。

わたしは車を運転する機会が多いので、時々この曲を聴いて ”絶対に交通事故は起こさない” 決意をあらたにしていこうと思います。

何事も絶対に「わたしは大丈夫!」とは思わずに注意すべきことは注意して、ルールを守り正しいことをする。

それがわたしの ”なりたい私” です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする