コントワー・デ・コトニエのおとなの白いスニーカー

アラフィフのみなさん、スニーカーはいてますか?

わたしはここ数年、毎日のようにスニーカーはいてます。最近は特に白いスニーカー。

だって白いスニーカーって本当に使えるんですもの。わたしは何にでも合わせちゃいます。

ただおとなのスニーカーのコーディネートってよくよく考えないと難しい。

カジュアル服にスニーカーだといかにも…○○さんって感じになっちゃう。(ええ、アラフィフは○○さんに間違いありませんけど)

いかにおとなっぽく、女っぽくスニーカーをはくか!そこが重要。

わたしが、おとなの白いスニーカーコーディネートで気を付けていることです。


あえてカジュアルでない服に合わせる


トップスもボトムスもカアジュアルだと(いわゆるTシャツにジーパン)よほどスタイルがよくないと輝けないと思います。

なのでわたしはテロテロ素材のブラウスとか、テーパードパンツとかぴっちりスキニーパンツなど、あえて上下どちらかでもちょっと女っぽいモノとかかっちりしたものに合わせるようにしています。

ネイビーのジャケットに合わせるのも大好き。

タイトスカートに合わせることもあります。

不思議と合うんですよね。

多分、白という色だからだと思います。

黒もいいけれど、ちょっと重い。

もうわたし、白いスニーカーなしでは生きられない!


真っ白レザーのスニーカー


今回買ったのはレザーの白いスニーカー。その前はスエードのコンバース、ジャックパーセル。

あまのじゃくなわたしはみんなと一緒じゃないほうがいい。

そこで今回はコレ↓

コントワー・デ・コトニエのレザーです。

行ったお店になかったのでお取り寄せしてもらいました。

ひととかぶらないし、真っ白のレザーだから少し高級感もあり、おとなのわたしは大満足です。

むかしはいつもヒールをはいていたので、今も外反母趾など足にトラブルがあります。

ヒールの靴に憧れますが、いざというときにはけるように体型を維持しつつ、いかに女っぽくスニーカーやフラットシューズをはけるかがわたしの目標です。

ビクトリア・ベッカム様も「仕事ではヒールははかない」とヒール引退宣言をして、すてきにスニーカーやフラットシューズをはきこなしていますよね。

自分の年齢やライフスタイルの変化で身につけるものの価値観も変わってきます。

ときには自分の価値観が変わっても、そのときどきですてきな50代をめざしてあきらめず、いちばん輝けるモノを身につける、それがわたしの ”なりたい私” です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする