パートの方がいいと思う3つの理由(私の場合)

前回からのパートネタですが、今回はわたしにとってパートという働き方のほうが総合的にみてお得だと思う理由をお話しします。(ここでのパートは短時間勤務労働者のこと)

あくまでも私の場合の3つの理由です。

①お金では買うことができない時間がある

②ストレスを貯めづらい

③お金が貯まりやすい

ひとつづつ見ていきます。


①お金では買うことができない時間がある


夕方4時までの短時間勤務なので、夕ごはんをつくったり、掃除する時間があります。こうやってブログを書くこともできるし、好きな本を読むこと、ジョギングなどやりたいこともできます。

シニアになってから「わたしって今まで好きなことをしてこなかった」とか「もっとやりたいことをしておけばよかった」など後悔したくありません。


②ストレスが減る


オットは朝も早く出て帰りも遅く、基本的に家事はしないので必然的に家事全般はわたしがやることになります。

今の時代、家事に非協力的な男性もどうかと思いますがそれは結婚するとき言われていました。「家事は気が向いた時にやるかもしれないけれど、毎日やるのは時間的にも習慣的にも無理だと思う」と。

その分、仕事は本当にがんばってくれていてわたしが働かなくてもなんとかオットのお給料だけで生活できます。

結婚するときに夫婦で家事は分担しよう、と決めて実際夫婦共働きを始めたら、だんなさんはやれない、やらない、になってけんかになるなんてこともありますよね。あてにしてフルタイムで働き始めたのに実際は違ってた。それで小さいこどもがいたりしたら肉体的にも精神的にも本当にストレスになりますよね。

そのことでストレスになってイライラが爆発するくらいなら最初からあてにしないほうがいい。家事は自分がやる!と決めてしまう。短時間勤務だからできることです。

今どきでないオットだし、たまにイラッとするときもあるけれど、あのとき言ってもらってよかった、って思ってます。(季節ものを出したり、資源ゴミを出したりすることはやりますけどね)

もうひとつわたしのストレスになること、それはちらかった部屋です。

そこらへんにモノが置いてあったり、片付いていないところがあると気持ちが落ち着かないのです。心がざわざわする。

毎日軽くてもいいので掃除をしてモノの出しっぱなしはしたくない。

もしわたしがフルタイムだっだらそれをできずに相当ストレスがたまってしまうでしょう。


③お金が貯まりやすい


何回も言ってますが、わたしは料理が得意じゃありません。

そんなわたしがさらに時間がなくなったら、毎日お惣菜を買ったり、働いてるんだからと頻繁に外食するようになるかもしれません。

この ”働いているんだから” が曲者です。働いているんだから夕食はお惣菜を買っても仕方ないとか、少し高い食材を買ってもいいよね、なんてあまり考えずに買い物かかごに入れてしまいそうです。

それからお金が貯まりやすい理由としては、何か買う前にじっくり調べられるので満足できる買い物ができるということです。

その結果、同じものでも安く買えたりできます。

それに本当に欲しかったお気に入りのモノを見つけて手に入れることができたとき、アレもコレも欲しくなくなります。その結果お金が貯まります。(わたしは数年前から欲しいモノリストを作ってひとつづつ手に入れています)

また時間があればインターネット、本、新聞などからたくさんの情報を得られて、いろいろなことを考えられるので節約や貯金につながります。(我が家は特にこども関連のことで考え方が変わりました)

もちろん、フルタイムでも仕事も家事も育児もほぼ完ぺきにできて、家族のためだったら自分の時間なんていらないというひともいるでしょう。

どんなに忙しくてもストレスなんて感じないひともいるでしょう。

そしてもちろんフルタイムのほうがお金が貯まりやすいっていう考え方は間違ってないです。

家庭の事情でフルタイムしか選べないひとがいるのもわかってます。

あくまでもわたしの場合のパートがいいと思う3つの理由です。

わたしにとってパートという働き方は ”自分の人生を生きられる働き方” です。

それが ”なりたい私” になるための近道なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする