相手の時間、自分の時間の使い方を考える

先日、あらためて相手の時間、自分の時間の使い方を考える機会がありました。

これからは

・わたしから約束をするときは相手の時間をできるだけ無駄にすることのないよう配慮して約束しよう。

・相手から誘ってもらったとき、ちょっとしたことでもやりたいことがあるときは、特に用事がなくてもやりたいことを優先しよう。

と思います。


相手の時間も大切にする


時間について考える機会というのは、ある友達からのお誘いでした。

「相談したいことと、聞きたいことがあるので都合のいい日はある?」と聞かれたので、「今度の〇曜日だったらいいよ~」と答えました。

それから3日たってから、友達から「その日は都合が悪いから△日はどう?」とその日から1週間後の△日の都合を聞かれました。

わたしはすぐに「△日は大丈夫。」と返事を。

でも…友達からはいっこうに連絡がなく、△日の前日の夜、やっと連絡が。

「明日は大丈夫?でも何かあったら無理しないで。」とありました。

「無理しないで???」わたしもいちばんはじめにお誘いするときは「難しかったら無理しないで」って言います。

でも今回、いちどわたしは「△日は大丈夫」と言ってます。それなのにわたしがもし都合が悪くなったのならこちらから連絡するはずです。「ごめんね。△日はどうしても都合がわるくなっちゃった」って。

それにぎりぎりまで何も連絡がなかったから、△日で決まりなのか、ランチの時間なのか、お茶の時間なのか、わからない。それがわからないとわたしも予定がたてられない。

わたしから連絡すればよかったのかもしれないけれど、今までいつも私が時間や場所を決めているので今回は待ってみようと思ったっていうのもあります。

お互い仕事をしてるから時間が大切で、休みの日はやることもたくさんあるってわかってると思うのだけど…

思わず「急に予定がはいっちゃった!本当にごめんね。」と言ってしまいました。

その日はとってもお天気がよくて、本当にお布団の整理や百貨店に取りにいくのもがあったので。

その友達はあまり自己主張することがない、まわりに気を遣うひとです。だから「無理しないで」って言ってきたのだと思います。でも本当は相談したいこと、話したいことがあってわたしに連絡してくれて、わたしも予定をあけておいた。

それならば「△日にランチしよう。どこかある?」とか「じゃあ、△日〇〇でお茶しよう。」ってなればわたしも休日を無駄にすることなく、約束も自分のやりたいこともできたはず。

わたしの場合は、最終確認は前日になることもあるけれど、約束の時間や場所は少なくても3日前ぐらいには決めれるよう段取りします。

仕事をしているひと、主婦、母、みんな忙しいのです。休みの日にはやりたことがたくさんあるのです。

これを機会にわたしも約束するときは相手の時間をできるだけ無駄にしないよう、早め早めに連絡をして場所や時間を決めていきたいと思います。

相手の時間を大切に。そうすればまわりからより信頼されるひとになるはずです。


自分の時間も大切に


わたしは今まで友達からお誘いをうけたとき、特に予定がないときはほとんど断ることはしてきませんでした。

でも今は、こうしてブログを書いたり、仕事に関する本も含めて本もたくさん読みたいし、ジョギングも、やりたいことはたくさんあります。

そして予定したことができないと、どんどんずれこんでしまい気分がよろしくない。

今の時間の使い方はその後の人生を大きく左右します。

ひとは思い通りにコトがすすまないとイライラします。(まさにわたしがそう!)

もうこれからはお付き合いでお誘いをうけるのはやめにして、本当に行きたいときに、行きたいひととの時間を過ごしていきたい。

相手の時間も大切にして、自分の時間も大切にする。

それがわたしの目指す ”なりたいわたし” です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする