50代のファッションについて考える

50代になるのはあと少し先のことです。でも今回、服を買うにあたってこれからの自分の服に対する考え方をまとめてみました。


これから買いたい服


まずわたしがすてきだな~と思うコーディネート。

テーパードパンツにスニーカーが好き。

わたしの服に対する考え方

トップスー少し高くても質のいいモノ

・ボトムスーワンシーズンだけでもおしくないガンガン履けるモノ

って考えています。

トップスはいたみが少ないので数年着ることができます。そしてボトムスより目につくモノなのでいいモノを。ボトムスは特に数を限定していて、洗濯回数が多いといたみが目立つので基本的にワンシーズンで履き倒せるモノって思っています。

コート、靴、バッグはあまり買い替えたくないので、少数精鋭で質のいいモノを。

ここしばらく今、持っている服を着倒してから新しい服を買おうと思っていたので服を買うのは久しぶりです。昨日、仕事にいくときに着た服がもうこれ以上は着ないほうがいいかも…っていう状態だったので、惜しげもなくさよならできました。気づいたら今持っているほとんどの服がそんな状態でした。「けっこう着たよね。もういいよね。」っていう。それがわたしの理想とするところ。今回買う服もとことん着倒すぞ~!


トレンドとセンスについて


去年からのトレンド、ハイウエストデニムや抜き襟など。おしゃれ~とかかわいいなと思うけれど、まわりをよく見てみるとみんな同じようなかっこうしてるひとが多いですよね。まさにトレンド!でもそれがセンスがいいってことでしょうか。雑誌に載っているコーディネートを真似すればおしゃれになるとは思うけれど、それはセンスがいいってことではないと思います。センスがいいってことは、もちろんトレンドも含めてほかにもいろいろな情報を集めて、その中から自分に最適なモノを選べることがセンスがいいってことだと思います。

それはいろいろな経験をしてきたおとなの女性だからできること。

すてきな50代をめざしたいわたしは、おしゃれな女性よりもセンスがいい女性をめざしたい。自分に似合うわたしらしいファッションセンスを身に着けたいと思っています。

毎年業界がトレンドを作り出し、いかにわたしたちに買わせるかを考え広告をうってきます。雑誌も消費が低迷する今、服はもちろん、インテリアや雑貨など今こんなモノが流行ってますよ~とわたしたちにすすめてきます。その中には自分が本当にほしかったモノがあるかもしれない。でももともとほしかったモノではなくてそのモノを見てからほしくなったのなら、まず買う前にそれは本当に自分がほしいと思っていたモノなのか、今、本当に必要で買わなければならないモノなのか自分に聞いてみてましょう。

服もいちばん自分をすてきに見せてくれるお気に入りの服があれば、たくさんは必要ないと思います。今着ているその服が自分に完璧ではないからまたほしくなるのです。トレンドど真ん中の服でなくても自分に似合うすごく気に入っている服があったら、それで満足してそれ以外にもほしいってあまり思わなくなる、特に50代以降は最新のトレンドはあまり気にならなくなるのではないでしょうか。逆におとなの女性がトレンドばかり追いかけて、散財するのはちょっと違うな~と思ってしまいます。まあそれがわたしの唯一の趣味なんです!と言えるのならいいと思うけれど…

さあ、おとなの女性のみなさん、自分を見つめ、今までの経験や知識を駆使し、これからは自分らしいスタイルを見つけていきましょう!

それが賢い時間とお金の使い方につながるものね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする