運動が苦手ならとにかく歩こう!

ダイエットや健康のため運動しなくちゃ!と思ってみてもこれまで運動をしてきていない人が何か始めるのはなかなか大変ですよね。

それならとにかく歩きましょう!日常生活の中にある移動手段をできるかぎり歩くことにしてみてはいかがでしょうか。


日常生活でもっと歩く


わたしは毎日、職場まで往復約4キロを歩いて通勤しています。それまでは自転車で行っていたけれど、フルマラソンにエントリーしてから基礎体力作りのために歩いて通勤を始めました。もしこの4キロを歩く時間を別に作るとすると約40分ぐらいの時間が必要です。であれば通勤時間をエクササイズに兼ねてしまえば時間の節約にもなります。そしてただ歩くのではなく、姿勢に気を付けてできるだけ早く歩いて運動としての効果を高めています。

ほかにも日常生活の中でできること

・公共の交通機関を使って通勤しているひとは、1つ手前の駅やバス停で降りて歩いて行く

・ショッピングモールなどに駐車するときは、できるだけ目的の場所から遠いところに車を停めて歩く

・デリバリーはやめてお店まで歩いてテイクアウトにする

・エレベーターやエスカレーターは乗らないようにし、階段を使う

など移動手段に歩くことを心がけ、掃除や洗濯などの家事をするときはキビキビと体を動かすこと、毎日の積み重ねがあなたの体をつくります。


歩くことの効果


・体脂肪を燃焼させる

・うつ病の予防

・認知症の予防

・骨粗しょう症の予防

・筋減少の予防

・動脈硬化の予防

・メタボリックシンドロームの予防

など特に中高年になりやすい病気の予防に最適です。

そのほか今まで気付かなかったお店の発見や今の季節だったらあじさいがきれい!とか歩いているといろんな気付きがあって、得した気分になりますよ。

スポーツをするにしてもわたしのようにとりあえずカッコからはいる人は、道具をそろえるのもお金がかかるし、はたしてそのスポーツを続けられるのかも悩むところです。

わたしはフルマラソンに出るためにジョギングを始めました。シューズとウエアは買わなくちゃとわかっていたけれど、そのほかポーチや時計とかの小物が必要になったり、ひざの痛みでクリニックにかかって、インナーソールを作ったりとマラソンも思ったよりも出費がありました。

日常生活で歩くくらいであれば、あまりひざには負担がかからないのであえてシューズも買わなくてはいいかと思います。ただ、心配だったらスニーカーで歩くことをおすすめします。

歩くこと、ウォーキングが楽しくなってきて走ってみたい!と思ったらジョギングを始めてもいいですよね。

日常生活の中でできるだけ歩くことは、ダイエット、健康維持、老化防止、そして交通費の節約などいいことばっかりです。

スマホに万歩計アプリをダウンロードして楽しみながら1日1万歩めざして頑張りましょう!

いつまでも自分の足で歩きたいものね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする