断捨離の基準

6年前、他県への引っ越しのために持ち家を売ることになり、それから我が家の断捨離生活が始まりました。

その家は、設計士さんにお願いしたリビングから17畳のウッドデッキがつづく2階リビングの家。近所の家より少し高いところにあるので、ウッドデッキ側はほとんど窓の解放感あふれるちょっと自慢の家でした。

ほかにこだわったのは収納。

自由設計だから、とにかくモノを出さないようたくさんの収納を作ってください!とお願いしました。ウォークインクローゼットも6畳ほど。リビングにも作り付けの収納棚、キッチンもL形で引き出し収納もたくさんあるし、1階にもこれまた6畳ほどの納戸もあって見た目にはすっきりした家でした。

でも今思うとそれがモノをため込み始めるきっかけに。

モノは何でもしまって表には出ていないから一見、モノがないように見えるけれど、たくさんある収納には少しづつモノが増えていきました。何でもしまっちゃえ!って感じ。

何年かたち、モノでぎっしりになった収納を見ては、いつもいつも片付けしなくちゃと思ってました。

そんなときに引っ越しが決まり、ここぞとばかりにモノをリサイクルショップに持っていったり、粗大ごみに持ち込んだりとモノを処分しまくりました。

実は1階には外からも入れる納戸とは別の収納部屋もあったので、単身赴任になったときのために親族からもらった洗濯機、エアコンまで持っていて捨てるのが大変なモノもたくさんありました。

そのおかげで今は大きなモノを買うときは、それを処分するときのことも考えて買うようにしています。今は捨てるのにもお金がかかります。だからこんなふうにして捨てられそう、とか。

その後もまた引っ越しがあり、引っ越しのたびに我が家のモノは少なくなったけれどまだまだやれると思っています。理想は次に引っ越しするときに、わたしが1日で荷造りできるくらいかな~。


6年間、断捨離や片付けの本を読んで、そしてやってきて今、考えること


断捨離や片付けがブームになってから、毎月のように雑誌は断捨離の仕方や収納テクニックの特集を組んだり、片付け本が発売されています。

節約はもちろん、片付けや収納の特集があれば雑誌の売上げは上がるそう。それだけみんな、なんとか片付けする方法が知りたい、上手な収納方法を知りたいと悩み、答えを求めているのでしょうね。

そもそもたくさんモノを持っていて、それらを全て使っていても使っていなくともきれいに収納している人は、自分なりの片付けの仕方や収納のポリシーを持っているからそんな雑誌や本を買うことはないと思います。

片付けや収納に自信がない、わからないからまた同じような内容の雑誌や本を買ってしまう。

そういう人はとにかくモノを減らす断捨離をすること。

モノが少なくなれば片付けや収納に頭を悩ませることもありません。

わたしも使うことがありそう、と思うモノを捨てられないころはそれをどうやって収納するかで悩んでいました。

でもあるとき、その近々使うことがありそうなモノたちを処分してかなりモノが少なくなってから、モノが少なくなれば片付けや収納で悩む必要がなくなるんだ、って気づきました。

モノが本当に少なければ片付けや収納なんて考える必要はありません。          だれだって簡単に片付けできるし、上手に収納できます。

わたしも海外のすてきな部屋見ることは大好きだし、雑誌の表紙になるようなすてきなモノをたくさん飾っている部屋には憧れます。

でも北欧などのインテリアブームの今、すてきなモノはつぎつぎ出てくるし、ほしいものにはキリがありません。

しかもたくさん飾るとホコリがたまりやすくなります。そして掃除が大変。

今のわたしは、掃除に時間をかけるならほかのことがしたい。

同じように掃除に時間をかけたくない、掃除が苦手だという人は思い切ってたくさんのモノを減らして掃除が楽な家にしましょう。

我が家もリビングから絵や雑貨をなくしたら、本当に掃除が楽だし、何もない部屋って美しい!と思えるようになりました。(これは本当に個人差があると思うけれど)

インテリア雑誌の表紙になるようなすてきなモノがたくさんある部屋は、収納が得意で掃除が好きな人が持つものです。


今、好きで使っているモノと、使う日が決まっているモノだけ残したい


ここ最近のわたしは、使うことがありそうでも使う日が決まっていないモノは処分するようにしています。

例えば、コンビニでもらうようなビニール袋は使う機会がいくらでもありそうだけれど、いつ使うか決まっていないから思い切って処分。(できるだけもらわないようしているけれど)さすがに2枚くらいは残しますが、なくてもなんとかなります。かさばるビニール袋がないとすっきりです。

そして1年に1回でも使う日が決まっているものは残します。五月人形は5月5日の端午の節句に使うことが決まっているから。

わたしの断捨離の基準は                               ①今、気に入って実際に使っているモノ                        ②〇月〇日に使うということが明確なモノ このふたつです。

これをすれば家の中は本当にすっきりです。

そのためにはモノを買うときは絶対に妥協はしたくない!家に入れるどんなモノでもこれでいいか、で買うことはしたくありません。

まだ断捨離するモノはありそうだから夏本番の前に捨活するぞ~!

お読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする