感謝の気持ちを伝えるにはやっぱり「アナログ」な手紙がいいと思う

あなたは最近、手紙を書きましたか?

あなたの手帳はスマホ?それとも紙の手帳ですか?

ネオマーケティングで「若者の消費トレンド」について調査を実施したところ、最近のデジタルメディアを介した人間関係に窮屈さを感じている若者は少なくないようです。

その若者たちが気になっているのが「アナログ手帳」「手書きの手紙」「着物・浴衣」「純喫茶」などで「温かみ」「手間をかけること」「プロセスを楽しむ」を求めているよう。

わたしはというと、先日、以前一緒に働いていた上司が定年退職したという知らせをもらったので、お祝いとお礼のハガキを出したことがの最近の手書きの手紙かな。

そう、わたしは特にお礼はできるだけハガキで出すようにしています。

ちなみにお礼はできるだすぐに出すこと!が大切です。


手紙って相手を想う気持ちがあふれ出るもの


手紙やハガキを書くときは特にことば選びを慎重にしますよね。

相手を想って心に響く言葉を考えながら手紙を書く、ってちょっと大変!なんて思うかもしれません。

でも一生懸命便箋に向かって紡ぎだしたことばだからこそ、相手を想う気持ちが伝わるのではないでしょうか。

そして相手を想って手紙を書くという時間が相手にとって最高のプレゼントではないでしょうか。

手紙やハガキを受け取ったひとも心があたたかくなりますよね。

「あ~このひとは忙しい中、わたしのためにわざわざ手紙を書いてくれたんだな」って。

高価なプレゼントでなくても手書きの手紙やハガキは自分の気持ちを伝えられるもの。

送るひとも送られるひとも幸せになれる最高の贈り物です。


便箋やハガキ、封印シールを探すのも楽しい


あなたは今、家に便箋やハガキがありますか。

おとなの女性であればいつ何時、手紙やハガキを書くことになったとしてもいいように、お気に入りの便箋やハガキをそろえておきましょう。

できればいかにもこどものモノを使わせてもらいました、って感じの便箋や封筒ではないほうがいいですよね。

わたしは便箋、封筒は見て気に入ったモノ、ハガキは鳩居堂のモノを使っています。

鳩居堂のはハガキはシンプルで上品でとっても使いやすいです。

封印シールは東急ハンズなどで季節ものを買ったりしています。

送る相手を想って便箋なんかを選ぶのも楽しいですよね。

メールやSNSでなんでもすませてしまう今だからこそ、手紙を書くことの意味が見直されています。

手紙にはマナーもあり、もちろんそれを守らなければいけない場合もあります。

でも身近なひとだったらあまり気にせず、もっと気軽に手紙やハガキを書いてみませんか。

秋は手紙やハガキが似合う季節じゃない?って勝手に思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする