「ありがとう」で元気に。わたしも「ありがとう」をたくさんを伝えたい

今日、仕事の電話で「本当にお世話になりました。ありがとう」ってお客様に言ってもらいました。

出社してすぐの電話だったのですが、本当にうれしくて朝から元気に、そして笑顔になれました。

週末、ちょっとへこむことがあって気分が落ち込み気味だったので本当にうれしかった!

「ありがとう!」ってこんなにひとを幸せにすることばなのね。

ひとは感謝されたときに最高に幸せを感じるのね、ってあらためて思いました。


仕事は心からの「ありがとう」を言ってもらうためにする


あなたは何のために仕事をしていますか。

もちろん、お金のため、自分の夢のため、自己実現のため、などいろいろありますよね。

でもそれだけ?

仕事って大きな仕事から雑務のような仕事までいろいろあるけれど、必ずその仕事を受け取るひとがいます。

そのひとに出来上がった仕事を渡す、自分の担当の仕事を終わらせる、そのとき心からの「ありがとう」を言ってもらえたら本当にうれしいですよね。

この仕事をやってよかった!って思いますよね。

そのためには、その仕事を受け取るひとに心からの「ありがとう」を言ってもらえるよう、工夫したり、ときにはプラスアルファのことをする。

たとえその仕事を直接受け取るひとがいなくても、本当に小さなことや雑務でも、心からの「ありがとう」を言ってもらえるよう正確にていねいにやりましょう。

それを見てくれているひとは必ずいます。

「ありがとう」と口には出さずに思ってくれているかもしれません。

この仕事は受け取るひとのために最良の方法でやる!という気持ちが大切です。

自分はひとの役に立っていると実感できれば、あなたもとても幸せな気持ちになれますよ。


自分も「ありがとう」の気持ちで


そしてこの朝のお客様からの電話でわたしも今日一日、気分よく過ごせました。

このお客様にわたしも心からの「ありがとう」を伝えたい。

「感謝してもらってわたしもとってもうれしいです、こちらこそありがとうございます!」って。(そこまで言ってませんが…)

そう思うと「ありがとう」ということばにはすごいパワーがありますよね。

受け取るひともはもちろん、渡すひともお互いに「ありがとう」ということばを言い合ったり、思ったりすればまたがんばろう!と気持ちがみなぎってきます。

「ありがとう」ってもっとみんなが言うようになれば、わたしたちの毎日はもっともっとエネルギーが循環するいきいきとしたものになると思います。

それは家族や身近なひとでも同じこと。

いつも一緒にいるとなかなか心からの「ありがとう」って言いづらいですよね。

我が家なんて特にそう。

でも家族や身近なひととこそ、「ありがとう」の言い合いでお互いをエネルギーでいっぱいにしたほうがいい。

ありふれた毎日を輝かせたいなら、まわりのひとに心からの「ありがとう」を言ってもらえるように行動する。

そして自分もまわりのすべてのことにいつも「ありがとう」と感謝の気持ちをもつ。

これをやるようになったら、きっと人生が劇的に変わると思います。

なかなか難しいとは思うけれど、毎日少しずつ「全身隠れありがとう体質」に。(なんとなく見るからにだと、ちょっと恥ずかしい⁉️)

それがわたしの “なりたい私” です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする